home > 変タビュー > 「川田諒さん」
〜考えること⑧

channel
変タビュー

「川田諒さん」
〜考えること⑧インタビュアー:松下光

元先生インタビュー9人目です!
なんと、今回の方は学芸大学出身!

そして、この卒業制作のインタビューを始めて
1番最初にお話を伺わせていただいた方です!

学芸大学出身だからこそ、
伝えてくださったリアルな部分。

ぜひ読んだことで
考えるきっかけになれば幸いです!

進路選択

先生になろうと思ったきっかけはなんですか?

進路を考える時期になって、具体的に
「仕事をしている人」というビジョンが
はっきり見えていたのが
当時所属していたバスケ部の顧問の先生でした。

自分もそうなりたいと感じたのがきっかけです。

東京学芸大学での学生生活

学芸大学での生活はどうでしたか?

ずっと、
ダンスとバスケットボールをしていました。

他の先生になろうとしている学生から見ると
自分の中に使命感みたいなものが
あんまりなかったかもしれないです。

学芸大には熱意がある人が
いっぱいいるじゃないですか。

そういう人たちを見ると
なんか自分はすごい
単純な想いで行ったなあと思っていました。

大学生活で印象に残っていることはありますか??

やっぱり教育実習です。
ものすごく記憶に残っています。

3年生の実習の時は、
僕の考えが甘かったなーっていう
自分の認識の甘さに直面する機会になりました。

それまで授業は、サークルや飲み会に行って、
1限に遅れたりよく寝ちゃってたり
なーなーでやっていた部分があったんですけど。

大学をエンジョイしていたんですよね。笑

でも、
本当に教育者になるのであれば
ちゃんと考えを改めなくてはいけないな。
って思い直した、
そういう機会になりましたね。

どんなことがきっかけでそう思ったんですか?

このままでは先生にはなれないな
っていう現実を知るくらい
指導教官の先生に
かなり厳しく指導してもらいました。

できないことだらけだったことが
本当に悔しいと思っていましたね。

先生になることを考えなおしたりしましたか??

いや!逆にこれはやりたいなと、
やってやろうって思ったんですよね。

そこから
勉強することになったのかなと思います。

その時の経験は、教員になってからも、
今になってからも残るくらい
すごく意識的に変わったことでもありましたね。

他人に対してどう向き合った方がいいのか、
考え方を根本的に見つめ直すきっかけになりました。

現在のお仕事

先生をやめたきっかけはなんですか?

非常勤の講師として高校で教員をしていたのですが
同時並行で教員採用試験と就活をやっていました。

ご縁があるほうに行こう
くらいの気持ちでいましたね。

僕を必要だと言ってくれた方が
結局自分にとって良い所だと思っていたので。

そして、今の職場に受かって
勤めることになりました。

現在のお仕事について教えてください

簡単に言うとテレビの演出の仕事なんですけど、
テレビの演出って色々あるので、
僕がいるところは番組の選曲をしたり
BGMを選ぶことの専門です

例えば紙をめくったりするのに
「ペロンっ」ていう音をつけたりとか。

音響効果っていうやつです(^^)

これからやっていきたいことを教えてください

人の記憶に残るような仕事を
したいと思っています。

具体的にはどんなことですか??

これは一例なんですけど、
今いる会社から転職して
NHKを受けてみようかなと思ったりするんですね。

例えば社会的に弱い立場にいる人たちの特集とか、
公務員だけどブラックの教員の実態だとか、
性的にLGBTの方の特集。

これってゴールデンで放送しても
数字が取れないけど
見たらグって心に残るような内容だったり、
勉強しなきゃとか、学ばなきゃな考えなきゃなって思うような内容になると思うんです。

他の民放では企画の時点でアウトになっちゃう物も
NHKだと結構時間をかけて特集して、
「いやあ。考えさせるものだったね。」って
思ってもらえるものを作ることができる。

そういうものの演出に関わりたいと思っています。

テレビの業界の特徴ってありますか?

んー音響の部署でいうと、

基本的にはずっと音楽一本で
やってきた人たちなんです。

だからこそ、教員をやったり、
学芸で教員になろうと思って学んできた自分の
知識や経験が活かせるんじゃないかと思っていて、

もしかしたら他の演出さんにお願いする場面で、
より良いものを作るために
しっかりすり合わせができるかもしれないな、
って考えていたりします。

テレビ制作には今後も関わっていくんですか?

ずっとこの仕事は続けたいです。
一生やりたいなって思うぐらい

ひとつの方法として NHK を考えてるだけで、

面白さと視聴率に終わらない、
社会的に考えさせられる番組づくりに
関わっていきたいなと思います。

さいごに

後輩たちにむけてメッセージをお願いします!

結構教員て特殊だって言われていますよね。
閉鎖された空間で仕事をするから。

確かに変わっている先生や、
余裕のない先生もいます。

でもこれ正直な話をすると
どこの会社にも必ず
そういう人っているんですよね。

あんまり「教員だから」
っていうのはないんじゃないかなあと思います。

社会に出てから教員になった方がいい
っていう考えもあるんですけど
僕はあんまりなくて。

民間で勤めても、教員でも、
自分の意識次第、
考え方次第で学べることはあるし、
それに場所は
あんまり関係ないと思っているんです。

学生から出たっていうステップは同じで、
そのステップで得られるものは、場所ではなく、
どういう考えで働いているかが
大事なんだと思います。

もしそれを不安に感じているのであれば
別にそんなことないよと言ってあげたいです。

ありがとうございました(^^)!!!